Unity で VR 端末に対応する

Unity で Oculus や HTC Vive 用のアプリケーションを作成するためには VR 端末に対応する簡単な設定をする必要がある。

Player Settings > Other Settings > Virtual Reality Supported を ON にすれば良いのだが一応スクショも貼って丁寧に説明する。

Unity のメニューから File > Build Settings を選択” /><br />
Unity のメニューから File > Build Settings を選択</p>
<p><img src=
Player Settings を選択

Unity の Inspector が開くので Other Settings を展開
Unity の Inspector が開くので Other Settings を展開

Virtual Reality Supported を ON にする
Virtual Reality Supported を ON にする

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です