Mixamo を使って無料で 3D モデルのリギングをする

3D モデルにボーンを入れて Unity で踊らせてみた の第一の作業として 3D モデルをリギングする。

自分がもらった 3D データはボーンのない状態だったのでボーンを入れるリギングという作業が必要だった。リギングは 3D データに骨を入れるような作業。リギング済みのデータの場合この作業は必要ない。

Mixamo という Web ツールを使ってボーンを入れていく。

まずは mixamo のユーザー登録をする。

Mixamo Store ページ
ユーザー登録が完了したら、上部の Store タブを選択して、Store ページに移動。UPLOAD ボタンを選択。

Mixamo ファイルアップロード
3D データ file (.OBJ など) をドラッグする。

Mixamo ファイルアップロード中
アップロードするとプログレスバーが出るのでしばらく待つ。

Mixamo アップロード完了
アップロードが完了すると 3D モデルが表示される。 NEXT を選択。

Mixamo リギング開始
リギングの設定画面が表示される。右の手本を参考にして、色付きの丸をドラッグしていく。左右対称の場合は “Use Symmetry” をチェックしたままで簡単に設定できる。自分のモデルは少し傾いていたのでチェックをはずして設定した。

Mixamo リギング設定
ちゃんと配置できたら NEXT を選択。

Mixamo リギング完了
暫く待つと、リギングが完了する。完了すると 3D モデルが動き出す。

ここまでできればリギング完了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です