Mixamo のアニメーション付きキャラクターを Unity で動かす

3D モデルにボーンを入れて Unity で踊らせてみた の最後の作業としてアニメーション付きキャラクターを Unity で動かす。

3D モデルの表示

Mixamo で 3D キャラクターにアニメーションを紐付ける でできた zip ファイルを解凍し、新規に作成した Unity プロジェクトの Project ウィンドウにドラッグして読み込む。

Mixamo fbx とテクスチャ読み込み
自分の場合は Models というディレクトリを作って、その配下にドラッグした。モデルのテクスチャファイルが有ればそれも一緒に読み込んでおく。

モデルファイルをシーンに配置
3D モデルをシーン内に配置する。この場合 Hierarchy パネルに YukiTanabe をドラッグアンドドロップしている。

テクスチャの設定
テクスチャがある場合には、 Materials 以下のファイル(今回の場合 No Name という名のファイル)の Main Maps > Albedo にテクスチャファイルをドラッグアンドドロップ。3D モデルに色がつく。

これで 3D モデルの表示部分は完了。

アニメーションの設定

Animator Controller の追加
Project パネルで右クリックし Create > Animator Controller を選択。アニメーションを設定するファイルが追加される。

ファイル名は MyAnimatorController としておく
ファイル名は MyAnimatorController としておく。このファイルをダブルクリックすると Animator ウィンドウが表示されるのでそこに好きなアニメーションを追加する。

Animation の選択
いかにもカンナムスタイルらしき名前のアニメーションにする。Project パネルで選択すると Inspector に表示されるので Animations タブを選択して、下の方にある Loop Time にチェックを入れる。

Animator ウィンドウ
Animator ウィンドウに YukiTanabe@gangnam_style をドラッグアンドドロップ。

3D モデルに AnimatorController の紐付け
最後に 3D モデルに Animator Controller の紐付けを行う。Hierarchy パネルの YukiTanabe を選択した状態で、Inspector の Animator 欄の Controller に Project パネルから MyAnimatorController をドラッグする(文字で書くとかなり分かりづらい)。

ビルドすると踊りだす。

以下の動画は適当に 3D モデルを量産して再生したもの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です