WordPress を Heroku にデプロイできるようにする(2016年版)

WordPress を Heroku にデプロイするためのセットアップ方法を紹介する。

まず、Heroku が初めての方は Heroku の Sign up から始めてください。

https://signup.heroku.com/

ローカルに git がない方は Mac だと Homebrew でインストールするとか、Windows だと Git for windows でインストールするなりでなんとかしてください。git の使い方はサポートしないので、 Git Book などをご参考ください。

以下では git のローカル環境へのインストールと Heroku のサインアップが終えている前提で話を進める。

WordPress を Heroku にデプロイする手順

手順は以下の 5 ステップ。なお、以下の操作を行った時点では課金は発生しないはず。もし今後 Heroku の仕様が変わったり、PostgreSQL の価格改定があった場合には課金になるかもしれないが、その際にはアラートなり確認を求める何かが出ると思う。

  1. macminiosx/wordpress-ja-pg4wp2-heroku リポを pull
  2. mhoofman/wordpress-heroku リポを別フォルダに pull してチョメチョメ
  3. Heroku でアプリケーション作成
  4. Heroku に PostgreSQL 導入
  5. Heroku に git push でデプロイ

1 macminiosx/wordpress-ja-pg4wp2-heroku リポを pull

現時点の WordPress 最新バージョンが 4.6.1 であり、このリポジトリは 4.6 をサポートしているので、こちらのリポジトリを使わせていただく。読者が実際に導入する際には他の repo の方が使いやすい場合もあるかもしれないので事前に調べることを勧める。

$ git clone https://github.com/macminiosx/wordpress-ja-pg4wp2-heroku.git blog

フォルダ名の “blog” は好きな名前で良いが後で使うのでここでは “blog” と決め打ちしている

2 本当は 1 のリポだけで動いてほしいのだが、自分の場合正常に動作しなかったため、mhoofman/wordpress-heroku リポを別フォルダに pull してチョメチョメする。

$ git clone https://github.com/mhoofman/wordpress-heroku.git tmp
$ cp tmp/wp-login.php blog/
$ cp tmp/wp-config.php blog/
$ cp tmp/wp-content/db.php blog/wp-content/
$ cp tmp/.htaccess blog/.htaccess

これはあまりよくない方法なので、単独で動く別のリポジトリを見つけたらそちらを使ったほうがよい。そして私に教えて欲しい。

3 Heroku でアプリケーション作成

https://dashboard.heroku.com/apps にアクセスし、 アプリケーション作成する

Herokuでアプリケーション追加
画面右上の New > Create new app を選択

Herokuのアプリ名設定
App Name に自分が設定したいアプリ名を入力し Create App ボタンをクリック。ここで設定した名前から [App Name].herokuapp.com という URL が生成され、その URL でアクセスできるようになる。この URL は仮のものなので本番で独自ドメインをあてたい場合はそこまで気にしなくても良い。後の記事で独自ドメインの設定方法については触れる。

Heroku 設定から git URL を参照
Heroku ダッシュボードから Setting タブを選択するとオレンジの枠で囲んだ部分に git の URL が書かれている。

4 Heroku に PostgreSQL 導入

以下のコマンドをたたく。PostgreSQL を選んだ理由は MySQL の無料プランの容量が少なく、PostgreSQL の方が無料枠が大きかったため。

$ cd blog
$ heroku addons:create heroku-postgresql

Heroku の Web 上からアドオン追加することもできる。ダッシュボード > アプリ選択 > Resources タブ選択 > Add-ons から Postgres 検索 > 採用 という流れ。

5 Heroku に git push でデプロイ

$ git remote add heroku [git の URL]
$ git push heroku master

動作確認と初期化

  1. [App Name].herokuapp.com/wp-admin/ にアクセス
  2. ブログ名などを入力して初期化

WordPress インストール:フォーム
フォームにブログ名など入力

WordPress インストール:インストール完了
インストールできた。ログインボタンクリック

WordPress インストール:ログイン
先程設定したユーザー名とパスワードを入力してログインボタンクリック。(もし忘れた場合は、この時点だと Postgres を一度 Delete してインストールし直せば再度初期化できる)

WordPress インストール:ダッシュボード表示
ダッシュボードが表示されれば OK。

まとめ

上記の作業で WordPress がウェブ上で動作する環境が作れた。しかしこの状態だと画像アップロード問題やプラグイン、テーマなどを更新できない問題があるので次の記事でローカルの開発環境の構築について触れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です